不当解雇は「不当解雇を理解する」の弁護士に相談

不当解雇の対処方法

不当解雇とは、事業主の都合で労働基準法や就業規則の規定を守らずに、一方的に労働者を解雇することをいいます。

例としては、「社会的身分、信条、労働者の国籍を理由とした解雇」や「女性であることを理由とした解雇」や「不当労働行為を労働委員会等に申し立てなどをしたことを理由にした解雇」が主なものとしてあげられます。

解雇と不当解雇の違いの例のとして、能力不足が主な理由の場合では以下の場合は解雇が認められます。「今後向上の機会を与えたとしても平均に達することを期待するのは困難」な場合にのみだそうです。使い物にならないことを証明出来なければ今現在能力不足なだけでは解雇出来ないということだそうです。
対処法としてはまず日常から出来ることとして、辞める意志がないときは絶対に退職届けを書かないことだそうです。これは同意がない限り一方的に退職されることを防ぐ為でもあるそうです。

不当解雇を証明出来るように限度を超えての嫌がらせなどは損害賠償の対象となるので証拠として日記を書き始めたり、写真やテープ録音したりして証拠になりそうな物は全て取っておくといいそうです。そしてとても有効な物として内容証明郵便があります。

退職届けをその意思がないにもかかわらず迫られて書いてしまった場合でも会社側の言動に錯誤や脅迫や詐欺を引き起こす物であった場合など意思表示には瑕疵があったとして無取り消しや無効を主張する場合などに使用したりする大切な証拠となるそうです。

また弁護士に相談する方法もあります。一人で苦しまず情報収集や法律や裁判例の調査など今後の対応を専門家と一緒に対処していくというのもひとつだそうで裁判を起こさずに有利な解決を導いてもらえる事もよくあるそうです。

弁護士といってもセクハラに強いところや他にも残業問題や借金問題や痴漢の容疑などその会社によっていろいろですので良く調べてから相談する会社を選択することが望ましいとのことです。

争うということは会社に文句を言うことになりますので、不当解雇が聞き入れられれば取り消され会社に復帰する事が出来ますが、会社の社員であることの地位の確認をすることなのでそれが本当に望んでいるかを考えることも必要だそうです。

きちんと退職金が払われない場合に請求は出来ますが納得出来ないという理由だけでは起訴は出来ないそうですのできちんと見極めて円滑に進むよう論立をしっかり理解しておく必要があるそうです。