不当解雇は「不当解雇を理解する」の不当解雇の種類

不当解雇の種類について

真面目に働いていたはずなのに、ある日突然解雇を言い渡されるということは、経済的にも、個人的なプライドを鑑みても、酷くショックなことだと思います。
肩たたきやリストラなどという言葉もありますが、基本的には解雇するには一定期間前からの通告が必要とされています。ある日突然もう来なくていいというのは、不当解雇にあたります。
そういった不当解雇にも、いくつか種類がありますので、どういったものがあるのか実際に見ていきましょう。
まず、解雇には、その厳しさの限度から見て懲戒解雇、整理解雇、普通解雇とに分けられるかと思います。
懲戒解雇というのは、解雇を言い渡された労働者の側に、それ相応の理由があり、それが原因による解雇と言えます。
会社の信用を落としたり、著しい損害を与えたりした場合や、金銭の横領、刑事罰を含むような行為を行ったりした場合には、この懲戒解雇に当たる可能性が大きくなります。
この懲戒解雇の場合は、解雇の予告なく、ただちに解雇されることがほとんどで、懲戒解雇された場合は退職金などの手当てが支払われないのが基本ですね。
整理解雇というのは、会社の経理上の事情や都合により解雇されることを言います。人員削減や、倒産などによる解雇もこれにあたります。
整理解雇の場合は、基本的に予告がされるかと思いますし、それにあたって解雇予告手当というものも出されるのが一般的ですね。早期退職者優遇制度などをとっている企業もあり、退職金などが上乗せされるケースもありますが、整理解雇が有効となるには様々な用件を満たしていなければならないといった条件もあります。
普通解雇というのは、主に研修期間中などによく見られるパターンかと思います。労働者側の問題や、企業の事情、双方含めたケースがありますが、まだ社員として正式採用されるまでの仮採用中期間に、本採用へと至らなかった場合というのも、この普通解雇に当てはまります。
様々な解雇がありますが、基本的に解雇される場合には解雇予告が必要となりますし、懲戒解雇の場合以外であれば、不当な解雇は申し立てすることが可能です。
自分がどのような状況に置かれているのかを知ることがまずは大切です。