不当解雇は「不当解雇を理解する」の能力不足による

不当解雇な正当な解雇か

解雇というのは色々な理由があります。大きく分けると本人都合と、会社都合です。本人都合は、他に就職が決まったからといった自分都合の理由で辞める場合です。会社都合は、事業縮小や経営不振によるリストラ、会社に損害を与えたことによる解雇などがあります。会社側もそう簡単に正規雇用の従業員を辞めさせることができません。
しかし、中にはいつまで経っても仕事を覚えない、同じミスを繰り返す、他の従業員とのコミュニケーションが上手に取れないということが繰り返された場合に、会社側としての雇っておくメリットがない、この先成長する見込みがないとなると、解雇になる場合もあるでしょう。会社が求める能力が不足しており、最終的には会社に損害を与える可能性があるような人は、危険なので早い段階で解雇にする場合も多いかと思います。
それが不当解雇にあたるのかというと、難しいことかもしれません。普段は仕事が出来る人なのに、たった一度の大きなミスを理由に解雇されてしまう場合は、本人のミスから会社にも大きな損害を与えてしまったとなると明確な理由がありますので、不当解雇までいかないのではないでしょうか。しかし、中には理不尽な理由で解雇にする会社も少なくありません。会社が求めていた能力に達しておらず、使えないから解雇になった、となると不当解雇と言われるかもしれません。
どこまでの能力を求めるのか、という基準はその会社によって異なってきます。大手の会社となると、そういったボーダーラインがしっかりしているかもしれませんが、中小企業は正直適当な部分も多くあります。ちゃんと決めているところは決めていますが、明確にしていないところも多いのではないでしょうか。一通りの仕事を1人でこなせるようになればそれで認められるのか、もっとそれ以上のものを求めているのかになります。
不当解雇だからといって、そこで裁判沙汰にしてしまうと、時間もお金もかかりますし、お互いに嫌な思いをしなければなりません。能力が不足しているから、というのは製造業の場合は多いかもしれません。ものを作る仕事になりますので、職人さんといってもいいでしょう。
しかし、法律上ではたとえ能力が不足していても、それを理由に解雇することは認められていません。それを理由に解雇するのh難しいものとなります。まずは車内で、解雇にしないように試行錯誤することになります。ですが、全ての企業がそこまで余裕があるわけではありませんので、小さい企業は使えない人間に給与を支払うのも勿体無いと思うところもあるでしょう。